×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

就職試験の適性検査とは!?

就職試験で行われる適性検査は、「職務」「業務内容」「職種・分野」を的確に遂行する能力や、興味、性格的なものを適した素質をもっているかを判定材料にするための検査。具体的には知能検査、学力検査、性格検査、運動能力検査等の要素を組み合わせることによって就学、就業など特定目的に対する適性を調べる検査である。就職活動、転職活動等にあわせ日本では、適性検査を実施する企業・機関が多く、リクルートの SPI2適性検査などが有名。最近では「Web適性試験」も増えている。適性検査の情報を入手するにはインターネットは有効活用できる。(適性検査を無料でテストできるサイトもある。職業適性検査、性格適性検査、各種適性検査の問題集などもある)【検索方法】「職業適性検査」「無料職業適性検査」「SPI 適性検査」「適性検査 就職 」「無料 適性検査 就職 」「適性検査 問題」「NMAT問題集」「NMAT」「CUBIC」などのキーワード検索で探すことができる。※また、インターネット(Web)上では、どのような企業がどのような種類の適性検査を実施しているかをまとめたサイトもあり、問題集等で希望企業が実施する試験を(無料)疑似体験することができる。

スポンサード リンク

採用企業側での適性検査の目的を知る!

日本の社会では、適性検査を受ける機会は、就職・転職活動の際や社内での昇進試験等、会社で受ける事が多い。特に新卒者を採用する側は、何百人・何千人のエントリーシートや履歴書全部を確認し、全員に面接する事は困難な場合が多い。その為、予備選抜のため適性検査を利用することになる。また、面接だけでは受験者(就職志願者)の性格を測ることが困難であること、最近の学力低下で受験者の一般常識や計数・言語能力を測るために広く実施されている。配属先の決定や早期退職を防ぐためにも、転職・新卒問わず性格検査は企業は重視する。 適性検査は統計的な分析や心理学を根拠としており、企業にとって有効な判断材料となる。採用試験だけでなく人事異動や昇格など、適材適所を把握するという重要な役割も果たしている。適性検査で測定することのできる能力や性格特性は、20歳前後には概ね完成しているもので、将来大きな変化は起こらないものとされており、生涯に渡り適合する特性であると考えられている。

インターネット(Web)形式の適性試験とは!?

2002年ごろから、遠隔地の就職活動生の便宜を考えるためにインターネット(Web)形式の適性試験が多く採用されるようになってきた。「日本SHL」や「リクルート」等が代表的。またリクルートの関連会社である、リクルートマネージメントソリューションズが、全国にテストセンターを開設して受験生が身分証明書を持参して受験するシステムを導入し、替え玉等の不正行為の無い筆記試験・適性検査の実施ができるようになった。 WEBテストにもさまざまな種類があり、玉手箱、TG-WEB、WEB-CAB、リクルーティングウィザード、WEB-IMR、SPI2のテストセンター、WEBテスティングサービスなど様々なWEBテスト形式が企業毎に実施されている。 希望する企業がどの種類の適性検査を実施しているか、インターネット(Web)上で、企業別の適性検査の実施内容について取りまとめたサイトもあるので、知りたい場合は事前に検索してみるのもよい。

Copyright © 2008 初めての就職試験!?適性検査とは?